14歳でお星様になったちゃちゃと 12歳のみく、かあさんの一日をデジカメ写真と共に綴っています
by ねね
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
カテゴリ:ちゃちゃ( 75 )
Top▲ |
ちゃちゃの4回忌
早いものですね~
あの暑い夏の日 頑張って頑張って生きてくれたちゃちゃが
すぅ~っと息を引き取ってから 4年目・・・・
あの日と同じ様に 太陽は容赦なく照りつけています
どんなに手を尽くしたって どんなに傍にいてほしいと願ったって
その寿命は限られていて どんな言葉を探したって見つからないほどの悲しみの
別れの時間はやってきました・・・・・

ただね、いつか来るその別れの為に できるだけの事をして
一生懸命に生きて 見送ってあげられたこと
たくさんのお悔やみの言葉の中で 送り出してあげられたこと
それが かあさんの救いでもありました

ちゃちゃがいなくなって ずいぶんと涙を流しました
いつまで続くか分からないほどの 嗚咽交じりの涙でした・・・・
それでも 慰めの花束を頂くたびに ちゃちゃはたくさんの方々に
見守られていたんだなぁ~とどんなに救われたかわかりません

数日前 かあさんのお友達の愛犬だった シーズーのももちゃんが亡くなりました
お花を持って お悔やみをしてきました
ももちゃんは 13歳 肝臓がんでした 他にも疾患がありました・・・
食欲がなくなって様子がおかしくなって病院に行った時には手遅れだったそうです
子供がいないご夫婦の大事な子供の様な存在の子でした

犬を飼うってこと
その寿命のはかなさ・・・別れを覚悟して飼う事はないと思いますが
別れは容赦なくやってきます・・・
年齢を重ねれば重ねるほど 意思の疎通は まさにあうんの呼吸のように
なんでもお互いが分かり合って 可愛さと愛おしさと信頼と様々の事が混ざり合って
こんなに素晴らしい関係はないのではないかと思う様な存在になってしまっています

たくさんの事を教えてくれて、たくさんの喜びや癒しや様々な感情を持たせてくれて
それは 何もかも無償の愛情のもとに成り立っていて
苦しみや痛みや愚痴や 人間だったら言いたい放題を 一言も発することなく
なにもかもをありのままに受け入れて そんな尊敬に値することまでもを教えてくれて
静かに旅立っていってしまいます

幸いに かあさんの傍には みくがちゃちゃの祭壇の前で走り回っていました
犬を亡くした悲しみは 犬でなくては救えないとも聞きました
この悲しみと淋しさを救ってくれたのはみくでした
みくは ちゃちゃのママのねねちゃんが亡くなって 
酷いペットロスに落ち込んでしまっていた時に出会った子です
そして、ちゃちゃが亡くなった時にも その天真爛漫さに救われた子でもあります

そんなみくも 今月には9歳を迎えます
白内障になってないか 毎日目を覗き込んでいます
外でしか オチッコできないので この時期は早朝と夜遅くのお散歩はかかせません
かあさんの年では もうみくが最後の子だと思います
ねねとちゃちゃを亡くして 二度もかあさんを救ってくれた大事な存在
あと何年一緒にいれるんだろうかとも思う事もありますが そんな事は考えたくありません・・・・

一緒にいれる今を大切に過ごしていく事だけです
かあさんの生活の中に 愛する存在がいてくれる事 いてくれた事
犬と一緒に生活できる事の幸せを楽しみながら その時まで楽しく生きていこうと思います
ねねちゃん、ちゃちゃ 本当にありがとうと心から感謝しています
あなた達がいてくれて どんなに幸せな日々を過ごせた事か
ちゃちゃの4回忌に そんな事を思いました

ちっちゃなお花を供えようと思いましたが 近所のお花屋さんにはぴったりのがなく
お盆のお供えのお菓子も気にったものがなく・・・祭壇はいつもと同じ
亡くなってからの写真のまま そのままにここにいます・・・

f0058277_20164990.jpg


明日から かあさんはまた新しいバイトが飛び込みで入ってきました
火曜日と金曜日に 初心者の方にPCの事を教えてあげることになったのです
かあさんはオフィスは2003です でも、教えるのは2010 かあさんも勉強です
みくちんも ちょっとお留守番の時間が増えてしまいましたが
それも時間の流れの中に 多少の変化がある事 必要だと言ってくれてる人がいる事
それも大事なことだと思って 人生の変化に流れていこうと思っています
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2013-08-01 20:22 | ちゃちゃ | Comments(22)
ちゃちゃの三回忌でした
二年前の19時45分 ちゃちゃは虹の橋へ旅たって行きました
昨日の出来事だったかのように 一こま一こまがクッキリと思い出されて
様子が変わった時、頑張って頑張って動いていた心臓の弁が切れて
ちゃちゃには手の施しようもなく 酸素を送りながら
その時を待つ時間だけが流れていきました・・・・・

日曜日のお昼頃 病院を探して酸素吸入をするくらいしかなかった
それでも、抱っこしたり横に寝かせたり 少しの奇跡も起こらないとは分かっていて
もう苦しませたくないとの思いが胸いっぱいで かと言ってさよならするのは辛くって
ただただ、苦しませないでと祈るばかりの数時間・・・・
必死で呼吸しているその姿は 涙が次から次へと流れるばかりで
何もしてやれない歯がいさと悔しさで辛いという言葉では表せない位苦しい時間でした

その一日をずっと思いながら過ごした今日一日でした・・・・

しかし、ちゃちゃは私にペットロスの悲しみはくれませんでした
沢山のお友達からのお花に囲まれて 同じ様な気持ちで励ましてくれるお友達を作ってくれて
どれだけ慰めてもらえた事か・・未だに感謝でいっぱいです
お友達の支えがなかったら 数年にわたる闘病生活や亡くなったあと
一人で乗り越えられたのかわかりません
色んな事を教えてもらって、励ましてもらって 二人三脚で頑張った日々・・・・

大好きで大好きでたまらなかったちゃちゃ 今でも一日も忘れられない子です
かあさんは 今死ぬ事がちっとも怖いと思わないのですよ
ちゃちゃやねねが待ってると思うとね~ みくを見届けるまでは死ねないのですけどね(^_^;)
今が元気だから言ってるんだと言われそうですが、その時にならなければどうなるかわからないけど
この感覚は ナンだか不思議です・・・・・
父母に会えるからって思わないのは 親不孝かしらね~(;^-^;)

今日は一日バタバタと忙しい日でした 明日も予定があって
明後日あたりに納骨堂へ行こうと思います
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2012-08-01 21:03 | ちゃちゃ | Comments(4)
ちゃちゃの納骨
朝から冷たい雨が雨が降ったり止んだりの一日でした
昨夜は遅くまで友人と出かけたせいで 朝はいつもよりゆっくり寝ていました
で、目が覚めて 行きたくないなぁ~とグズグズ、ベットから中々起きれませんでした
このままもう少し寝ていようと決め込んでいたら いつもは横で寝ているみくが
煩く吼えるし、頭をガシガシして どうかして起こそうと躍起になっています。
「行かなくちゃ行けないよ」って言ってるみたいです

起きてからも きっと雨が降ってるから泣いているんだよ 行きたくないんだよって
このまま置いておきたい気持ちが一杯で グズグズ、グズグズ・・・・
ちゃちゃの写真を見ては涙が出て、嫌だよね~って言ってみたり・・・
でも、そんな気持ちを何とか切り替えて準備しました

お骨を納めて写真を飾ろうと思ったら 狭い空間に大きすぎて結局フレームから出して、
淋しくない様に ねねちゃんと、ちゃちゃの弟ゆう君と幼い頃一緒に撮った写真を飾りました
ゆう君は、ちゃちゃより一足早く虹の橋に渡っていたので、この写真を選びました
準備したつもりなのに おやつもフードも忘れてしまって・・・
もう一度フレームに入れた小さめ写真と一緒に持って行かなければね

f0058277_21341319.jpg


お骨は小さなキーホールダーに分けてもらって何時でも持っていられる様にしました
ちゃちゃの毛と写真も一緒に入れられるケースも揃えました
小さな場所に納まったちゃちゃに、お家から離れたけどずっと一緒だよ
ねねちゃん達と一緒だから淋しくないよね・・なんて話しかけてると
次から次に涙が溢れてきて、離れたくないのはかあさんの方だって・・・
暖かいぬくもりは ここにはないけど 時々お骨を抱きしめていられたけど
もうここに来ないと抱きしめる事出来ないんだって
大好きで大好きでたまらないちゃちゃ・・・

こうして納骨をすると 二度亡くした様に思われてとても悲しくてたまらないです
もう少し 穏やかな気持ちで納骨できると思っていました

f0058277_21443744.jpg


帰りは両親のお墓に行って、ちゃちゃの事を頼んできました
何だか、かあさんの気持ちがそのままのどんよりとしてショボショボ雨が降り続いて
帰り道はずっとずっと涙が流れて 家に帰ってもずっと淋しい気持ちが拭えなくって
何にもしたくない・・・ぼ~っと過ごしていました
でも、何時までもグズグズしてる訳にもいかないのに キーホールダーを握り締めては
また泣いて・・今日は一日涙が止まりません
お骨が家にあるのは まだそこにいてくれるような気持ちで居たんでしょうね
この淋しさも少しずつ癒えていくとは思います

f0058277_2215837.jpg


そばには みくがいてくれるんですものね・・・・
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2011-10-29 22:08 | ちゃちゃ | Comments(4)
ちゃちゃの納骨の事・・
お休みしている間に、みくの7歳の誕生日を迎え、ちゃちゃの一周忌も無事にすませました
納骨は気が済むまでそばに置いておこうと思っていたのですが
妹がこの夏二年にぶりの帰国で、一緒にお墓参りに行った折、ペット寺院を見つけたのですよ
一年に何度かお参りに行くのに 今までちっとも気が付かなかったのですよ
両親のお墓のすぐ傍にペットの為の納骨堂があるなんて!

f0058277_1601626.jpg


父が亡くなって買った墓地なので 何だかお墓の団地みたいなのですけどね
家から30分ほどで行ける所なんですよ。
もっと頻繁にお参りに行けばいいものを、数えるほどのお参りで申し訳なく思っていました
そして、この寺院が出来て6年になるのだそうだけど、横を通っているのに気が付かず
ちゃちゃの一周忌を迎えた時期に見つかるなんて・・・
私 ここに行こうかな~って思っているのかな・・・
ママのねねちゃんは他の寺院である時期が過ぎて 合同納骨をしていたのでもう場所がありません
離れ離れになっていまうけど、ここに一緒に写真を飾っていいですよって言ってもらえたので
ねねちゃんの写真も一緒に置かせてもらう事にしました。

f0058277_1655638.jpg


そうそう、何故この時期かって思いますよね!
それはこの寺院を見学させてもらった時空きがなくて そして、まだ傍に置いておきたくて
でも、何時かは納骨をしなくちゃと思って予約していたのですよ。
かあさんの勉強がひと段落して気候のいいこの時期に 空きが出来たという連絡を貰ったのです
で、さっそく何処が空いたのか見学に行ってきました
寺院では場所を見て決められていいですよとの事だったのでね

f0058277_16112161.jpg


こじんまりとしていて明るくて清潔で ちゃちゃの場所はちょうど目線の高さ
お値段も色々あるけど ごく一般的な無理しない程度のもの・・
何だかね~ちゃちゃは亡くなってまでも本当にいい子の様に思います
亡くなってから 少し気持ちが落ち着いた頃に学校に通うようになって
学校が終わって一息ついた頃に 自分の落ち着き先を見つけてくれて
ちゃちゃにかかった費用なんか この数ヶ月学校に通った為に無駄遣いしなくてすんだうえに
臨時収入まであって、しっかり貯金もできたのですよ
何時までもちゃんと見守ってくれてて、ちゃちゃのおかげで色んな事が出来て
なんだかな~亡くなってまでもしっかりした子だったなぁ~なんて親馬鹿ですよね(=^_^;=)

f0058277_16174448.jpg


ちゃちゃの事があったので ついでに(あ、ついでではありません!決して!(^_^;)
両親のお墓参りも済ませてきました
この時期ってお参りもなく 本当に静かでのんびりした空間でした
何故かここに来ると気持ちが開放されたような気持ちよさを感じます
みくも 一緒にお参りしてちゃちゃの事も報告しました
これからは、お参りの回数が増えるからねって!(=^_^;=)

f0058277_16205195.jpg


さて、いよいよ納骨となると淋しさが急に押し寄せてきて胸がつまりそうですが
何時かはお返ししないとね その時期を選んでくれたと思うと
ここで戸惑っていては またきっかけをなくしそうで今度の土曜日に行く事にしました
お天気が良かったらいいのになぁ~
あと三日 ちゃちゃが家にいる間一杯お話をしとかないとね(o^-^o)

f0058277_16254640.jpg


持って行く写真を決めて 一緒のお花も揃えて好きだった物の準備しないと・・・
淋しいけど、色んな思いをこめてこの数日一緒に過ごそうと思います
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2011-10-26 16:27 | ちゃちゃ | Comments(4)
ちゃちゃの服・・・
一気に寒くなって冬支度を慌ててしたのですが
みくも夏物をしまって冬服を出してやらないとって タンスを開けたら
しまっていたちゃちゃの服が目に飛び込んできて 一瞬身動きが取れませんでした・・・
徐に一枚一枚 ちゃちゃの服とみくの服を分けていくけど
ちゃちゃの服を手に取ると匂いをかいで見たり握り締めてみたりと
じーーんと涙が溜まってきて胸が苦しくなって・・・

f0058277_1625257.jpg


それでも気を取り直して とりあえずダンボールに入れて
古くなったものは捨てて 着れそうな物はいずれ誰かに使ってもらうか
処分しようと詰め込み始めたのですが
頑張っていた頃着ていたパジャマや似合っていた物はどうしても
ダンボールに詰め込めませんでした・・
とりあえず冬物だけ詰めて箱を閉じました
残った物はそのままみくの夏物の服なんかと一緒にタンスに戻しました

いつもは目にしないと感じない悲しみが溢れてきます
もう、みくとの生活パターンができてきているとはいえやっぱり辛いです
残していった身の回りの物の整理をするのって 本当にきびしいですね・・・

f0058277_16132885.jpg


すっかり寒くなって 丸まって寝るのを見るようになりました
ちゃちゃのお下がりのベッドも気に入ってこうして寝ています
冬の間使っていたマザーボールは今年はしまったままにしました
たくさんあるブランケットも みく一人では使いこなせそうもありません・・
ちゃちゃが望んだ訳ではないけど 可愛いもの快適な様にと
あれこれ選んで揃えた物が 今はどれを見ても涙の雫になって落ちてしまいます
もう少しすると百か日 どの様にするかはそれが過ぎて考え様と思います

朝夕はすっかり寒い位になったので 今日は午後のお散歩に行ってきました

f0058277_16255377.jpg


公園は桜の葉っぱが沢山落ちて枯れ葉が溜まっていました
この公園も いっつも遊びに来たよね・・
好きな物をお供えしたら食べてくれてるのかな・・
下げた物は みくに食べてもらったり捨てたりしてます
こんな日常生活には慣れたんだけどね・・

f0058277_16285332.jpg


思いでが詰まった物を見ると やっぱり涙が落ちてしまいます・・・
何時までも泣いてちゃいけないけど たまにはこうして泣く事は仕方ないよね
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2010-10-29 16:41 | ちゃちゃ | Comments(6)
ちゃちゃの49日を迎えました
昨日18日は ちゃちゃの49日でした
昨日の事の様でもあり もうずっと以前の事の様でもあり
ちゃちゃの世話をしたり病院へ通う事が日課の様になっていた数ヶ月が
ポッカリと穴が開いてしまって だからその時間を何かすればいいものを
何だか気が抜けたみたいにぼ~っとして時間だけが過ぎている事があります

49日を迎えた今は ちゃちゃがいない時間には慣れた物の
いない事の淋しさを紛らわす物が他には見つかっていません
ちゃちゃは 私にとって大きな大きな存在でした
亡くなってみて その大きさが余計にハッキリと心にしみています

f0058277_16144035.jpg

今年14歳を迎えた日のちゃちゃ

私は ねねちゃんを亡くした時心底辛い思いをしたけど
同じ様にいつも頼りにしていたママが突然いなくなって
ちゃちゃだって どれだけ悲しくて辛い思いをしていたか
同じ思いを同じ様に苦しんで乗り越えてきた
いつもいつも抱っこして 二人で離れる事だってできなかった
あの時 ちゃちゃも辛い思いをしてる しっかりしなくちゃって
何度も言い聞かせながらも 彼女に甘え頼っていた私がいた

ちゃちゃと二人 少しずつ歩き出したんだけど
ある日 生まれたばかりのみくに出会って 迎えたんだけど
逃げ回るちゃちゃを見て 両方に悪い事をしたと何度も後悔したけど
いつの間にか すっかりみくを守れる頼れるお姉ちゃんになってくれていた

f0058277_18115025.jpg


f0058277_16292877.jpg


f0058277_18113311.jpg


f0058277_16294692.jpg


10歳を過ぎてから心臓のお薬を飲み始めたけれど元気で食欲もあり
時には走ったりするものだから こちらが慌てる位だった
咳が出て発作が起こって 頻繁になって随分苦しんだけど、それを乗り越えて
症状は進んだ物の 咳や発作からは開放されて静かな晩年を過ごしてくれた
4年間 病院に通う事が当たり前になって 最後の一年位は10日や二週間毎
緑内障を患ってしまったけど 両目失明の不安は最後まで起こらなかった
旅立つその瞬間まで しっかりと私の目を見つめることが出来た

色んな事があったけれど ちっとも手を煩わせるような事はなかっただけに
もう少し看病らしい事をさせて欲しかったけれど
それは ちゃちゃが辛い時間を絶える事だけになってしまうのだから
私の我儘でしかない事はわかっていた
もう少し 一緒にいたい 一緒にいたいけれど辛い思いはさせたくない

f0058277_16431814.jpg


f0058277_16433136.jpg


f0058277_16434166.jpg


どんどん痩せていって 腹水が溜まりだしてそれを抜きながら
お薬の力を借りて 心臓は必死で頑張ってくれていた
犬は辛いとか何とかしてくれとか、愚痴も文句も言わない
人間は 色んな事を見て知っているから考え不安を募らせ恐れると思う
ちゃちゃを見ていると どんな状況にある犬でも置かれた現状を受け入れる
そうするしかないんだとか 決して諦めているわけでない
死なんて考えてもいない 今を現状を黙って受け入れるだけ・・・
たくさんの事を色んな事を教えてくれた

そして、沢山の物を残して行ってくれた
わずか14年6ヶ月4日・・・・生まれた時からずっと一緒にいられた時間
犬の寿命の短さ 走り抜ける時間の早さが悲しくてならない
しかし、それは与えられた運命であり寿命・・・

f0058277_16593836.jpg


その寿命を 病気をしてもしっかり介護して最後を看取りたい
看病をさせてから旅立って欲しいと願っていた
それは ねねを突然旅立たせて苦しい思いをしたからに他ならない
私は私にできる事はしたと思いたい。後悔も悔いも残っていないと思う
しかし、いない事の淋しさ、悲しさはどうしようもなく深い・・・

f0058277_1718407.jpg


ちゃちゃの7月30日の写真です 
お兄ちゃんに抱っこされてお腹を撫でてもらっていました
この日は その二日後に亡くなるなんて事は思いもしませんでした
何時かはと思いながらも もう少し傍にいてくれると思っていました
ちゃちゃは 犬を飼う事の約束を最後まで私にさせてくれた子です
本当に ほんとうにありがとう

昨日 北海道のぶんままさんから49日のお花が届きました
ぶんままさんも 心臓疾患のあったぶんた君を私よりも何倍も懸命に介護され
教えてもらう事がたくさんありました

f0058277_17254323.jpg


毎日 かあさんの小さなお花を供えていたのだけど
今日はまた華やかなお花で ちゃちゃや私をを慰めてくれています
こんな心遣いが嬉しく思います 
ネットで支えて頂いたお友達がいたからこそ 私とちゃちゃはここまで来れたと
感謝の気持ちが一杯です

未だに以前の写真が見れません PCの中に入っていた物をUPしました
49日を何故かしら一つのけじめみたいに思っていました・・
今はもうここにはいない 行ってきます~ってお空に帰って行きました

f0058277_1734015.jpg


ねねちゃんの時は犬は「49日前に納骨して下さい」って言われて
その通りに納骨しましたが ちゃちゃはこのまま私の傍においておこうと思います
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2010-09-19 17:40 | ちゃちゃ | Comments(4)
デジタルフォトスタンド
友人に ちゃちゃみくの写真を飾ってってデジタルフォトスタンドを
プレゼントしてもらった
以前から興味はあったけど 自分で買には勿体無いなぁ~って思っていた物・・
写真を撮るのが好きでちゃちゃみくの写真を沢山撮っているのも知っている
ちゃちゃが亡くなってから 淋しい思いをしているからって
優しい気持ちが一杯こもったプレゼント 嬉しかった・・

ちゃちゃが亡くなってから 以前の写真をあれこれ見ると涙が出てしまうので
ずっと見てなかったのだけど スタンドに入れるために
PCの中に入れたままにしていた以前の写真を開いた
カートに乗った写真はあるものの まだふっくらしていた頃の写真
誕生日の写真 公園での写真・・もう涙が溢れて見えなくなってしまって
それでも 数十枚の写真を選んでいたら 苦しくて頭痛もしてきてしまった

f0058277_20342762.jpg


もう、この優しい顔が見れない もう抱きしめる事ができない
傍にいない事の悲しさや淋しさや色んな物が混ざり合って
苦しくてたまらなくなった 
自然の成り行きを受け入れなければならないのだけど
まだまだ乗り越えていかなければならない物が待っている
ちゃちゃの服だって見るのが辛いから 一緒に並んで置いてあるみくの服が
着せられないでいる・・
苦しくなるのが嫌だから ちゃちゃを思い出すものを避けていた自分に気づく

f0058277_20353372.jpg


両親が亡くなった時にはこんな気持ちはなかった
ねねちゃんを亡くした時とは 又違う悲しみが淋しさがこみ上げてしまう
きちんと向き合って受け入れないといけないと頭では判っている事が
心のどこかで受け入れられないでいるのに気づく
どれほど大好きでたまらなかったのか 今更ながらに気づく

友人が 私を慰める為にと送ってくれたプレゼント
保存できる枚数の何分の一も入れられなかったけどセッティングして
流れる写真を改めて眺めていると苦しくてたまらない
しかし、こうして 
封印していた壁を一つ乗り越えていかなければならない様な気がする・・
今年の夏の長すぎる暑さに 体が疲れてきているのが分かる
今 心まで落ち込んでしまったら また何もできなくなってしまいそうな気もする・・
つらいなぁ・・・でも無理をせず少しずつしか思い出にしていくしかないんだよね・・
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2010-08-31 20:58 | ちゃちゃ | Comments(8)
頑張った証
近頃はね スーパーに買い物に行っても気が抜けたみたいなんですよ
ちゃちゃがいる頃は 何か好きな物はないかなって あれこれ探してみたのだけど
今日はこれ食べるかな~あれだったら食べてくれるかなぁ~って
色々考えながら探しながら買い物に行ってたんだけど
今はね もうそんな事ないからね・・・・

ちょっと前に キッチンに引き出しに入れていた
ちゃちゃのお薬とピルクラッシャーとシリンジを見てしまった
不意打ちだった。
それから 一気に涙が溢れてきて止まらなくなって嗚咽をあげて泣いてしまった・・・
ちゃちゃが 一生懸命に頑張った証 それを胸に抱いて 泣くだけ泣いた・・
シリンジで二人して頑張って食べたよね
毎回、毎回これでお薬をつぶして お団子にして頑張って飲んだよね
たくさんのお薬 嫌でいやでどんなにしても上手に吐き出していたけど
お団子は かあさんもちゃちゃも上手に飲めるようになっていたのにね・・・

f0058277_9541624.jpg


一人だったので 思いっきり泣いた
そして、これはそのまま かあさんが挫けそうになったり苦しかったりした時
お守りとして持っていようと決めた
きっと、これを見たらその時の事を思い出して乗り越えていけると思うから
シリンジの先は イヤイヤして噛んだ跡が残っている これもちゃちゃが残してくれた物

f0058277_9555986.jpg


これらを纏めてポーチの中にしまった。 大事な大事な宝物
今はとりあえず家にあった物だけど何時か可愛いポーチを作ろう・・
こんな事なんだよね 涙って想いって 突然現れてくるんだよね
そんな時は 思いっきり泣こうと思ってる そうやって乗り越えていくんだろうね

ちゃちゃへ

「それからね 昨日かあさん始めてちゃちゃの為に少しお花を買ってきたんだよ
ayaさんのくれた お花とコラボレート
近所のお花屋さんには余り種類がなかったし
ちょこんと小さ目のアレンジにしたかったから どうかな?
もう少ししたら かあさんも出かけて可愛いお花や周りに置く物なんか
少しずつ揃えてあげようって思ってるよ

f0058277_107397.jpg


今日は 小さなお皿を二つ買ってきたよ
お水とご飯のお皿 ちゃちゃが飲んでいた物と食べていた物とそう形が変わらない物
可愛い絵が付いていても良かったけど シンプルなのも中々いいでしょ
あとは お線香を立てるの探さなくちゃね。ろうそくは使ってなくて
Hさんがくれたアロマキャンドルにしてるけど これからも多分
小さなアロマキャンドルだと思うよ 好きにしていいかな~・・・・・」

昨日 寝室で寝てみた もうどれ位ぶりだろうベッドで寝るの
リビングにちゃちゃを置いておけなくて 小さなお骨を持ってきた
かあさんの傍が大好きだったから 家にいる時は出来るだけ一緒にいたいから
いいのかな~あちこち持って移動したりするの
でも、寝る時も一緒だったから 一人でリビングにいるのは淋しいよね
これも、好きにしていいかな~・・・


コメントやメールを頂いているお友達へ
少しお返事遅れます ごめんね
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2010-08-20 10:24 | ちゃちゃ | Comments(6)
初七日
昨日は初七日でした
一週間前の日曜日の今頃は必死で戦っていたちゃちゃがいました
もう一週間が過ぎてしまったなんて・・・
こうやって 日にちが過ぎていくのですよね・・・
今、お腹がすいたなぁ~って思っても 少し食べると入らなくなって
気が付くと夕飯も食べたくないなぁ・・とそんな日が続いています
甥っ子がいる間は それでも食べさせないといけないので
ちゃんと作っていたのに お兄ちゃんだけになると甘えてしまって
お弁当だったり、適当な物で済ませてもらっています ダメだなぁ~

昨日のお昼は 近所のペペちゃんのお母さんがお参りに来てくれました
一昨年初代ぺぺちゃんを亡くしたのだけど 今は二代目ぺぺちゃんがいます
我が子を亡くした悲しみの少しでも癒しになったらってお花を届けてくれました
ぺぺちゃんのお母さんから

f0058277_16332692.jpg


夜には ミレパパさんとミレ母さんが揃ってお花を持ってお参りに来てくれました
お嬢さんに赤ちゃんが生まれて 忙しい中時間を作ってくれて本当に嬉しかった
みくはね パパさんが上手に遊んでくれるので嬉しくて仕方ないって大喜びです
こんなに遊んでくれるパパさんがいるミレちゃん達は幸せだなって思いました
ミレ母さん ミレちゃん パンダ君たあちゃんのお母さんから

f0058277_16391632.jpg


ミレ母さんのお嬢さんは 以前のちゃちゃみくのトリマーさん
お母さんからちゃちゃの訃報を聞いて電話してくれました
トリミングしててもおりこうさんだったのよ~とか
何でも判ってるいい子だったよ~とか一杯褒めてくださって本当に嬉しかったです
看護資格も持っているお姉ちゃんだから もっと色んな事聞いたり相談したり
すればよかったなぁ~って今更ながら思いました

そしてね、少しずつ淋しくなっていくお花達だけど 毎日届くお花があって
今も華やかなまま お花の香とお線香のいい香に包まれていますよ
気が付けば かあさんからのお花は買ってあげてません ごめんね
お葬式から帰ってから 買いに行こうって思ってたのだけどね
今はお友達のお花で充分すぎるくらいです(*^_^*)

f0058277_1645267.jpg


それから、今もこのちゃちゃの前でお布団敷いて寝ています
発作が起きてから リビングで寝る様になってしまったのだけど
ちゃちゃの傍で眠りについて 朝起きたらすぐに確認できるそんな毎日でした
なので もう少しもう少し このお花達に囲まれたちゃちゃの傍にいたいと思います

それからね 甥っ子が祭壇に飾るちゃちゃの写真をってフレームと写真用紙を
買ってきてくれてたんだけど 写真を探していると涙が出て見えなくなって
結局は 今まで飾っていた物を祭壇に置いているんですよ
お花がある間に 可愛かった写真を飾ってあげたいのだけど
まだまだ 見ると涙が出てしまうので出来ていません

f0058277_1659437.jpg


何時になったら 出来るようになるんだろうね・・・
ご自分のブログの中に 可愛い写真を選んで載せてくれてたお友達がいて
その写真を見て 嬉しくて感謝で一杯でまた涙が溢れてきて
それぞれの選んでくれた優しい気持ちに胸が一杯になってます
かあさんもね きっとその内フレームの中にちゃちゃを飾ってあげる日がくる事 
そんな日が来る事思いながら今は大事にしまっています

朝、昼、夜とちゃちゃにご飯を食べさせてお手入れしていた時間がなくなって
それが かあさんの生活の一部だったのに ポッカリ穴が開いてしまいました
今日はね パソコン教室の日だったので行ってきたのだけど
頭がぼ~っとしてて何も考えたくなくて 何をしてきたのやら
少し気が紛れた程度のお勉強の日でした

もう一度 抱っこしたいなぁ・・
もう一度 撫でたいなぁ・・もう一度 ご飯作ってあげたいなぁ・・
もう一度、もう一度が次から次です・・・
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2010-08-08 17:22 | ちゃちゃ | Comments(12)
想う事・・
昨日もね さぶ母さんからお花が届いたのですよ
「知らなかったの ごめんね」って ちゃちゃの訃報はブログぐらいで
ほとんどの方にお知らせはしてなかったのですよ
この所穏やかに過ごしていたもんだから こんなに急いで旅立つなんて
かあさんも信じられない位な駆け足だったんですものね
いつも何時も見守ってくれてて応援してくれてたの感謝で一杯なのに
それにね 体の調子が悪いのに さぶ母さんに返って気を使わせてしまいました
さぶちゃんが旅立った時は何も出来なかったのに・・・・・
こちらこそ、ごめんね そして、ありがとう~

さぶ母さん さぶちゃんのお母さん

f0058277_10244313.jpg


この暑さだものね 頑張って咲いてくれてるお花たちの中には
枯れてくる子もいて 少しずつ整理をしながらきれいに見えるように
手直ししてあげました(o^-^o)
バラの花は集めてドライフラワーにしようと思います

f0058277_1132586.jpg


お水を変えてご飯をお供えしてお線香をつけて座っていると
急にちゃちゃの匂いが恋しくなって 何処かにないかって探してみたのです
でもね、最近は服も着せてなかったし最後まで休んでいたベッドは
ちゃちゃを寝かせたまま持たせてしまったし タオルも洗濯してて
何処にもないのですよ・・・

失禁で汚れて その度に洗ってやるのも負担になるからと
自慢だった長い尻尾の毛を切ったのを出してきて匂ってみたのだけど
シャンプーのいい匂いしかなくて そこで涙が溢れてしまいました
・・・最後に少し毛先を切って持っていれば良かったって思いました
淋しくて悲しくて涙があとからあとから伝ってしまいます・・・
でも、ここでそんな後悔したって戻らないものね・・・諦めないとね・・

f0058277_11163293.jpg


この尻尾の毛を少し撫でて 慌ててまたしまいました
このシャンプー仕立ての良い匂いまでなくなったらいやだって
少しでも閉じ込めておきたいって 大事な大事な形見となってしまいました
もう少ししたら 可愛いケースを作ってやろうと思います

f0058277_1119318.jpg


ちゃちゃが使っていた洗面所のおトイレ 
片付けるとその場所が急にひろくなってしまって 
そうよね・・14年間使っていたんだもの そこにあるのが当然だし当たり前だったのに
そんな事の一つ一つが涙の粒になってしまいます

それでもね 昨夜は29日がかあさんの誕生日だったのだけど
その日は都合が悪くて出来なかったお祝いを友人達がしてくれました
でもね、何もなかった誕生日当日に家にいられたって事は
ちゃちゃが傍にいて お祝いしてくれたかったからかな・・・なんて
それで良かったなぁ~って思えてなりません
かあさんの誕生日を一緒に過ごしてくれて何よりのプレゼントだったのですよ
そう思うと色んな事待っててくれたんだなって 思って慰められてみたり
心の持ち方や考え方で 悲しくもなったり辛くもなったりするのだから
少しでも 良かったと思う様に考えて前を向いて歩き出したいな・・
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2010-08-07 11:37 | ちゃちゃ | Comments(10)
| ページトップ |