14歳でお星様になったちゃちゃと 12歳のみく、かあさんの一日をデジカメ写真と共に綴っています
by ねね
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
かあさんの精密検査の事とみくのお腹不調

はてさて、もう8月も終盤
息苦しささえ感じたこの気温と湿度も 昨夜はエアコンなしで寝れたし朝散歩も気持ちよかった
やっと朝晩は秋の兆しが見え始めたのかな・・・
しかし今年の夏は日本全国 異常気象だった様ですね 関東の長雨に低気温 集中豪雨やらと

f0058277_12333501.jpg

かあさんちもあれこれとありまりたが 
まず 先月あたりからちょっとした時に動悸と息苦しさもあって 毎月の病院のついでに
先生に話して レントゲン撮ったり不整脈もないし しかし1年で10kg近い体重減の事もあり
ここいらで 一度精密検査しておきましょうかって事で 中央病院に紹介状を書いてもらって行ってきました
やっと骨移植してからの副鼻腔のCT検査終わって もう終わりって帰って来たばかりだったのに
今度は 消化器系を主に内臓全般の検査をする羽目に
胃カメラは 昨年春に撮って異常なしだったんだけど 眠ってる間に終わったから怖くなかったけど
今回も 問題なく胃カメラ無事終了 びらん性胃炎 これはしょうがないストレスに痛み止めのせいかも
腹部エコーに造影剤使ってのCT検査 そして今迄やりたくないって思っていたけど やった方がいいかもと
思っていた大腸検査 まぁ~これは人それぞれやり方もある様だけど とにかく大腸内をきれいにする為に
下剤を使って腸内を空っぽにするのだから 元々便秘でもないし下剤なんて飲んだ事もない
しかし、嘔吐下痢にはかかった事があって その痛みの半端ないのは経験してるけど それと同じ苦しみだったよ

f0058277_12285660.jpg
f0058277_12292520.jpg

前日の7時までに食事を終え(軽めの物ね)9時に最初の下剤飲んで就寝
それが 寝たのは1時近く なのに4時過ぎに突然の腹痛で目が覚め それからがトイレにこもって
冷や汗ダラダラで腹痛と下痢との闘い もうトイレで行き倒れ状態
やっと治まったのが1時間半位だったか ベッドに戻ってうとうとしていると 今度は7時から9時の間に
2リットルもの下剤を飲みながらの また下痢との闘い これがリビングでゆっくりなんて言ってられず
催して来たら下着脱ぐ間もない位 水様の物が出るのだからもう長めのTシャツの下はすっぽんぽん
それなのに 2リットルもの薬なんてそうそう飲める物じゃないのに どうにかこうにか飲んでみた物の
9時半すぎても飲めず 最後まで飲めずにギブアップ

検査は 1時50分からだったので 病院へ行くまでにグッタリな体を休めて
それから検査 手術着に下だけお尻の空いたパンツに着替えてベッドに横になって
お尻に注射一本 後は鎮静剤で寝てる間に終わると思っていたら 朦朧とはしてる物の意識はあって
痛いのなんのって 終わって車いすで休憩室に行き横になってるといつの間にか眠っていました
それから 先生から検査結果を説明してもらったのだけど ポリープも心配する様な事もないきれいな大腸でした
分かったのは憩室症 内臓検査では副腎結節 膀胱壁肥厚位でどうのこうのと言うほどではなく
掛かりつけの先生のの途に資料が送られるそうだから 話して泌尿器科とか受けるか相談する位

f0058277_12295587.jpg
f0058277_12320512.jpg

と言う事で 痩せて来た原因は内臓疾患によるものではなく ストレスや心因的な物食事量が減った事など
・・・と言う事で やっぱり自己判断するに 歯の状態からのもので左の歯が使えず右の歯で噛んで
それも噛みにくかったりで 物が美味しく噛めない 常に口の中に違和感があるストレスが大きいのかなと
このまま骨が出来てインプラントの土台が作れる半年もの間 この調子でいくと多分自分の体の方が付いて行けにかもで
保険適応の入れ歯を作ってもらう事になり そうしたら左側でも物が噛めて 調子はよくなるかも
噛むというのは 両方で噛んで役割果たすというから 片方しか噛めないって片足で歩いている様なもんだって
聞いた事がある 肩だの歪みや脳にも様々な影響を与えるんだよね
とりあえず 大きな検査は終わりました が!もう二度と大腸検査はやりたくない!!(=^_^;=)
寝不足の上に 痛みを我慢してもう心身ともにヘロヘロ 帰ってからも何もする事も出来ず横になったまま
食べてもいいのに 食べる気は起きずで しかし、あまり感じない人もいるみたいな話は聞くから
年齢的にも そろそろ一度位は人間ドッグで検査をと思ってる方は 挑戦してみて(=^_^;=)

f0058277_12323558.jpg

そして、朝夕のお散歩とたま~にホームセンターに行くしか お外の刺激を受けないみくちん
今月は 病院や他の様もあって 週二回の出勤にしてもらっていたのだけど
休みの日に家にいると 外出しようとすると付いて回って一緒に行く~ってけど連れて行けないし
かと言って 一日中家の中にいる訳にはいかないし 可哀想な想いをさせているなと これもストレスかも
その上 ここの所軟便続きで 夜は食べない日もあったりだけど ビオフェルミン飲んで治まったり
ある仕事の時 帰って来るとキッチンのマットにウンチがしてあって 我慢できずにしたんだろうけど
家の中でできた事が良かった~って思った

休みの日中もワン!!ってウンチって言って座敷や廊下に敷いたシートの上を行ったり来たりして
ちゃんとしてくれて とにかくウンチもチッコもすぐには出なくてクルクル、ドタバタと時間のかかる子だけど
してくれたら 大げさにほめてご褒美 
ご褒美のおやつ 大好きな安心ジャーキー 暑くなって作ってないのですよ
まぁ~乾燥するのに 熱を発するから暑いのなんのって7時間もの間 それに気温も高いので生肉大丈夫かと
作ってないのですよ 涼しい間に大量生産しとくべきだったと思いました

f0058277_12330596.jpg

かあさんも体調不良 みくのお腹もイマイチすっきりしない状態
今月23日が13歳の誕生日を迎えたというのに 何もしてやれなかったのでした
そういえば かあさん骨折してた夏もお祝いしてやれなかったよね・・・
本当なら 誕生日は健康診断の予定だったのだけど もう少し涼しくなって連れて行こうと思います

涼しくなったら 体力付ける為にもお互いに運動したり出かけたり楽しみたいなって思う
機嫌がいい時は まだまだ遊ぼうって持ってこいしたり追いかけっこしたりで とにかく寝てばかりいるけど
もっとずっと傍にいてほしいみくちん 
今からシャンプーして ケーキでも買いに行って ささやかなお祝いしようかなと思います


Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2017-08-27 12:44 | 日常 | Comments(2)
体温以上の暑さなんて どうなっているんでしょうか
今日は福岡市民にとって初めての経験らしい 糸島なんて38.9度だって
おまけに大型台風もジワジワとやって来てるし 鹿児島では50年に一度だって言ってるし
まだ復旧ままならない朝倉地方に これ以上何をもたらすつもりなのか
自然が牙を剥いたら 本当に情け容赦なく根こそぎかっさらっていく
大地震 津波 台風 豪雨 日本列島何処かで次から次へと地獄へと突き落としていく
その中で人々は立ち上がり ボランティア活動やら助け合って立ち上がって行く

しかしなぁ・・毎年この暑さ 更新されていく 冬は打って変わって大雪になったり
一体地球はどうなっていくんだろう・・
そんな中でも毎日の生活は 少しの変化を乗り越えながら年は過ぎて行ってるのだけどね
みくは 今年13才を迎える 一日中寝て過ごすしかないのが可愛そう
休みの日も何処も連れて行けないし それなのにやっぱりこの時期お腹壊して
夕方の暑い時 10時頃のもう暑くなった時 んこ!んこ!!って外に出たがるから
靴履かせてウンチ出るまでハァハァ言いながら歩いて お互いにヘロヘロだったり
何度も行きたがるから 座敷や廊下やシートを敷いて もう駄目!ってお互いに譲らないのを
泣きたくなる位我慢してたら やっとシートにしてくれて お外しかしないみくはお互いに辛い

かあさんはと言うと すっかり痩せてしまい筋肉が落ちて疲れが溜まり易くなってます
元々夏に弱い方だったけど 血液検査では全て正常値 血圧も安定してるし問題ないけど
念のために大きな病院で精密検査してみましょうかと言われてるし
骨移植して以来 鼻詰まり感が治らないのでCT検査してみるも異常なし きれいな副鼻腔だという事
んじゃ何よって言いたいのだけどね

大好きなちゃちゃも 今年8周忌 あの暑い夏ちゃちゃを抱え病院に走ったのが蘇って
不幸中の幸い 友人が付き添ってくれていた事あの時一人じゃなかった事
ちゃちゃが一人じゃなかった事 みくは何もわからず 天真爛漫な無邪気さで私の傍にいてくれて
あの夏から 8年・・遺骨はまだ家に置いたまま・・みくがその時になった時一緒に納骨させえてもらおう

f0058277_20001008.jpg
もう少し・・この狂った様な暑さもどうにか治まってくれるだろう
これ以上の災害も なくなってくれるよう祈りながら そして、毎日の生活が平凡で穏やかである様に
少しずつの老いへの生活への変化も 自然な事として受け止められる様
後何年 みくと一緒に過ごせるのか切なくなってしまう前に 今一緒にいれる幸せを感じながら
抱きしめると 幸せホルモンを惜しみなく与えくれるのを身に一杯受けながら 乗り切って行こう~



Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2017-08-05 20:14 | 日常 | Comments(6)
| ページトップ |