14歳でお星様になったちゃちゃと 13歳のみく、かあさんの一日をデジカメ写真と共に綴っています
by ねね
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
久々の公園とちゃちゃに思うこと
今日はやっと強い日差しも落ち着いて これだったら大丈夫かな~って大きな公園へ
ちゃちゃは それでも心配だったからちょっとだけお留守番です
みくだけを連れて二人で散歩するのは始めて
カートを押さずにリードを持ってお散歩するのは かあさんも久しぶりです
ちゃちゃも、最近は慣れているので いってらっしゃい~私は寝てるよって感じで
リビングから出てきません(;^-^;)

なので、久々カメラを抱えて

f0058277_2114728.jpg


みくも公園が近づくと分かるのか 車の中でもソワソワしだしましたよ
こんな所って わんこってすごいなって思いますよ
景色も匂いもちゃんと分かっているんでしょうね~
そんなみくを見てると かあさんも嬉しくなりますよ

f0058277_21594881.jpg


やっぱり広い所でキレイな緑の中は表情は生き生きしますね
少しは暑さも残っていましたが みくには充分平気な気温です
ここに ちゃちゃがいない淋しさもありますが 元気一杯なみくにも遊んで欲しい
もう少ししたら ちゃちゃも一緒に来れるから・・・・
ちゃちゃだけ お留守番させてと思うかもしれないけど
みくも今は若さの真っ最中 もしもちゃちゃが目が放せない状態になったら
たくさん我慢してもらう事も出てきますものね

f0058277_2122320.jpg


家でゆっくり寝てれば何の問題も起こらない今は みくにもご褒美あげなきゃね
楽しい顔や嬉しい顔して 一生懸命歩いたり走ったりかあさんにも伝わってきます

これから先 どんな事が出てくるか分からないけど 覚悟は出来ています
でも、今先の事を考えてあれこれ悩んだり 心の準備なんて全然してません
不測な事が起きた時には どんと構えて対処する心構えだけはしっかり持っているつもり
そして、薬が増えたり色んな物が必要になったりするでしょう
その時が来たら その時に病院の先生としっかり話してできる事を精一杯するつもりです

f0058277_21262781.jpg


今、病気の事を調べ上げても ちゃちゃにはちゃちゃの辿る道があるように思うのです 
それにね、やっぱりいざとなったら病院の先生に頼るしかなく
今は一生懸命に先生と話してコミュニケーションを取って かあさんも気持ちを
心から分かってもらう信頼関係を取っています
ちょっとした事でも病院に駆けつけて 話を聞いてもらって教えてもらって・・・

何時だったか 酸素室も必要になってきますよね 腹水も溜まるんですよね
なんて色々質問していたら 今はその必要はないし今を大事に頑張ってって
あまり先の事ばかり気にして心配しすぎが良くないよって言ってもらったのです

f0058277_21582411.jpg


それでも ちゃちゃの状態は把握しているつもりです
喜んでピョンピョンしたり 遊んでってキラキラした目で見つめることだってあります
でも、それを全部抱きかかえて止めさせなければいけない辛さがあります
いつでも 平静な安定した状態でいなきゃいけないちゃちゃが 可哀想でなりません・・・・
家にやってくる友人も刺激させないように そお~っと風の様に入ってきます

食欲は出てきても食べてもっちっとも身につかず段々痩せるばかりです
でも、だからといって愚痴ってみたり凹んでみたりは かあさんはもうできるだけしたくない
陥ることだってあると思います でも、 なるたけポジティブでいたい・・・
わんこは 素直に自分の状態を受け入れています
かあさんは それをできるだけホローしてできる事をやって
何時も元気で明るい顔をして接してあげたいって それだけです

f0058277_21584681.jpg


・・・なんて、
楽しい公園の写真とは逆にちゃちゃのしんみりした話になってしまいましたね
みくの嬉しいお顔で許して下さいね(=^_^;=)

色んな病気と闘っているわんこさん達もたくさんいます
それに負けずに前向きに立ち向かっている家族に励まされています
そんなわんこやママ達に沢山のエールを送りたい(*^▽^*)
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2009-08-31 22:20 | 公園
<< ちゃちゃのお散歩と病院とお出かけ | ページトップ | 変化のない毎日ですよ~ >>