14歳でお星様になったちゃちゃと 13歳のみく、かあさんの一日をデジカメ写真と共に綴っています
by ねね
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
お散歩係り卒業
歩けない間 みくのお散歩をずっとしてくれた友人
仕事も忙しくなり、かあさんも近所なら歩けるようになって お散歩係りから解放されました(=^_^;=)
2,3日一緒に歩いてみたけど みくのテンポだったら大丈夫と言う事で
かあさんとみくの二人のお散歩
んだけどね~お兄ちゃんと行く~とか教室にいる~とか我儘言ってます(=_=)
かあさんがお世話できなかった間に すっかり懐いてしまっています

毎日の様に日参していると 土日とシャッターが開いてないと
未練たらしく 教室の前を行ったり来たりしてるんだけど
三か月近く 本当によく面倒を見てもらって、こんなに懐いて本当にありがたい事です

かあさんもスーパーに買い物に行って自分で料理して
お掃除してと家事も普通にこなせるようになりました
リハビリも毎日通っているせいか 随分いいのだけど
すっかり落ちた筋肉とあと力をつけなくちゃ
三か月近く何もせずゴロゴロしていたので 筋肉すっかり落ちてしまってます
簡単なストレッチとみくちんの散歩で頑張ります

ゴロゴロしていた間に読んだ文庫

f0058277_1915823.jpg


百田直樹は 「永遠の0」で感動して嵌ってしまいました
重松清の「とんび」は ドラマにもなったそうだけど残念ながら見てなくて
文庫を読んだけど これも嵌ってまた読み漁り
重松清って 読んだあと何か温かいというか人の優しさというか
そんな気持ちにさせてくれました
あれほど嵌っていた東野圭吾「マスカレードホテル」を読んで「イブ」までは
読まなくてもいいか~って事で ひたすら重松ワールドひ浸っています
しかし、一気に読んだせいか どれがどんな内容だったかこんがらがったり
記憶が飛んでいたり 以前はきちんと思えていたのにね~
物忘れもちょっと出てきたようで(*_*;;

f0058277_19204332.jpg
f0058277_19205544.jpg


9月16日に 虹の橋へ旅立ったボブ君への供花のお礼のトートが届きました
ボブ君とリリちゃん兄妹 わんこの世界ではご長寿の表彰状ももらったボブ君
生まれた時からいつも一緒だったリリちゃんを見守ってあげてね

f0058277_1924359.jpg


ご長寿とはいえ 家族が亡くなるのはどんなに悲しくさびしい事か
先日も ご長寿で色々あるけどまだまだ元気だと思っていたマミちゃんの訃報を聞きました
子供がいないご夫婦にとってはめに入れても痛くない一粒種のわが子
ボブ君もマミちゃんも こんなに可愛がられて幸せな子はいないと思う位可愛がられていただけに
心の中に毎日の生活の中にポッカリと大きな穴が開いたのではないかと思います

みくも10歳 あと何年一緒にいられるかと思うと もう切なくてせつなくて
この暖かい温もりを抱っこしたり頬づりしたりできないなんて
どんなに淋しい事かと思います


追記

先日 栃木などで小型犬の悲惨な事件があったのだけど
今度は佐賀でマルチーズばかり18匹の放置犬を佐賀県が保護したというニュースに
引き取ろうかと思っていたら すでに14匹が里親が見つかり 後4匹ももう決まりかかっているそう
個別に保護されたりしたマルチーズもいたそう
同じ人間、 同じ命 重さには変わりないはずなのに
言葉を話せないこんな愛らしくていたいけない子犬を無造作に扱う人もいるのは悲しい事です
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2014-11-11 19:31 | 日常
<< 毎日変わりなく過ごしています | ページトップ | みくの事 >>