14歳でお星様になったちゃちゃと 13歳のみく、かあさんの一日をデジカメ写真と共に綴っています
by ねね
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
あの時の悪夢が・・
今日、今日あった事を書こうかとどうしようかと悩みました・・



また、あの時と同じ事がおころうとしました・・

雨が降り続いて三日目 気分転換にホームセンターへ買い物に連れて行こうと
みくを抱っこして ちゃちゃに車に乗る様にとドアを開けた時
ドアの前にいたちゃちゃが サッと車の下に入ったかと思うと
猫が車庫から飛び出して それを追いかけて道路に走り出しました
道を渡って 隣の家の前でちょっと止まったので 大声で叫びましたが
そのまま 車の通りのある道路の方に走っていって
追いかけながら 何度も「ダメ、ちゃちゃーー」と言っていたと思います・・・

猫が飛び出した時 向こうから車が来ているのが見えました
多分 車の前に飛び出しそうになりながら止めたのか 
もう、あとはみくを抱いたまま座り込んで 目をつぶってしまっていました

怖くて目が開けられなかったけど 思い切って見てみると
車は2メートル位手前で止まっていて ちゃちゃは道路は渡らずに
固まってしまっていました

ちゃちゃを抱っこして 車の女性に何度も謝りながら 
ドアが開けっ放しだった車に座り込むと 涙が出て震えて怖くて
ちゃちゃもガタガタ ブルブル震えていました
一生懸命抱きしめて 大丈夫よ大丈夫よと言っていました・・・
ほどなく 郵便配達のお兄さんが来て どうしましたかと声を掛けてくれたので
家に入ることができましたが ずっと苦しくてたまりません

状況は違うけれど また同じ様な運命に合わせてしまっていたのかと思うと
あの時の事がフラシュバックしてきて 胸が苦しくてなりません
私にはこの子達を飼う資格なんてない・
取り返しの付かない事になっていたかと思うと どんなに責められても仕方がありません
今は ちゃちゃが無事だったのが せめてもの幸いでしたが
自分を責める気持ちが 大きくのしかってきて苦しくて仕方がありません

ちゃちゃみく 本当にごめんね こんなこんなどうしようもないかあさんで・・
気をつけてあげなければいけないのに・・
こんなかあさんの所になんか 来なければ良かったね・・・・・・・・・・・・

どうしてこんなに不注意なのか、
もう二度とあの様な事は起こさないと誓っていたのに・・
自分自身が腹立たしくて 情けなくて仕方がありません。

何時もの様に 何気なくやっている事、
それが時としてこんな重大な結果を招く事がある事
もう一度肝に銘じて、今度こそ二度と過ちは繰り返さないように
でないと天国のねねちゃんに 今度こそ許してはもらえないだろうし
私自身も もう立ち直れないかもしれない・・・
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2006-11-20 22:33
<< 心配掛けてしまってごめんなさい | ページトップ | 昨日も今日も雨ばかり・・ >>