14歳でお星様になったちゃちゃと 13歳のみく、かあさんの一日をデジカメ写真と共に綴っています
by ねね
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
ちゃちゃ二度目の発作です
今日はかあさんはパッチワーク教室の日でした
午前中教室が終わってランチのあと 病院へ行ってお薬をもらって
本屋さんによって 帰ったら3時半近くになっていました。

最近は お留守番後のお迎えの時に咳が出るので
以前の様にテンションを高くして喜んでやると ちゃちゃの心臓が心配で
玄関の戸を開けて 待ってる二人にわざと「はい、ただいま~」って
ごく普通に何気なく声かけしていました

で、今日も何時もと同じ様に玄関を上がって リビングに入ると
嬉しいちゃちゃは咳が2、3度ほど出たかと思うと
フィ~とよろけて 倒れて手足をバタバタさせ始めました
急いで 持っていたニトロのスプレーを口に吹きかけて
抱っこしてやると 何度か悲鳴に近い泣き方をして失禁してしまいました

体が一瞬で冷たくなってるのを
落ち着いてさすってやりながら「大丈夫だよ~」と声をかけてやっていました
そんなに長い時間の発作ではなかったけれど 
「やっぱり 来たか!」って 何故か冷静に受け止めたかあさんでした
何でもないんだよ~って 落ち着いていると ちゃちゃも安心した様に
抱っこされていました。
かあさんの心の中が通じているんだな・・・・って感じた気がしました

落ち着いて、少し寝かせてそれから、様子を見てもらいに病院へ行ってきました
前回のエコー検査から3ヶ月だったので 検査しましたが
変わりはない様で 不整脈も脈拍も問題ありませんでした
嬉しくて 咳込んだ拍子に心臓がから打ちしてしまったようです

これからは こんな発作を何度も目の前にするのでしょうが
なるべくなら少しでも起こらない様にしてあげたい
最近は ピンポンがなっても吠えない走っていかないを教えていたので
お客さんが来ても吠えたりしないのですよ(o^-^o)
でもね~、お留守番のあとのお迎えは どうしたらいいかちょっと考えなくちゃね。。

発作のあとのちゃちゃです 何ともない様な顔してますけどね

f0058277_1842363.jpg

病院から帰ると 夕飯を食べて今スヤスヤ寝息を立てて眠っています
あ、発作が起きてる時 一緒に喜んでたみくも
何かを感じたのか ちゃちゃの顔を覗き込んで大人しく座っていました
みくも、オリコウサンになっていってるなって思いましたよ(o^-^o)

 
Top▲ | by tyatyamiku2006 | 2008-04-22 19:05 | 病院
<< ちゃちゃに今してやれる事って何... | ページトップ | の~んびりな午後の公園 >>